米朝首脳再会談

膠着打開どこまで トランプ氏、前のめり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米朝首脳の宿泊先と会談場所
米朝首脳の宿泊先と会談場所

 国際社会が注目するなか、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による2度目の直談判が始まった。友好ムード演出が先行した初回とは異なり、今回は非核化と制裁緩和で実質的な成果が求められている。トップ交渉でどこまで膠着(こうちゃく)状態を打開できるか、28日の最終日に向けて大詰めの折衝が続く。【ハノイ高本耕太、渋江千春】

 初日の会談会場となった「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」。1回目の首脳会談と同様、背景に米朝6本ずつの国旗が並べられる中、登場した米朝両首脳は固く握手した。双方が互いの腕に何度か触れ合い、1回目よりも親密な様子を見せた。その後、2人は着席。「あなたの国はとてつもない経済的潜在力を秘めている。信じられないほどにだ。それを目にするのを楽しみにしているし、実現をお手伝いしたい」。トランプ…

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文2049文字)

あわせて読みたい

注目の特集