メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

統計不正「厚労省の虚偽申述」 「重い悪質性」認定 監察委「隠蔽」には踏み込めず

特別監察委員会がまとめた二つの報告書の比較

 「毎月勤労統計」の不正調査問題を検証していた厚生労働省の特別監察委員会は、27日に公表した追加報告書で総務省統計委員会などで虚偽の説明を重ねた厚労省の姿勢を厳しく批判する一方、組織や担当者レベルでの隠蔽(いんぺい)の意図を改めて否定した。野党側が批判を強めている2018年1月の調査方法の変更を肯定するかのような記述もあり今後の国会審議で議論の的になるのは必至だ。【大久保昂、神足俊輔、松本惇】

 「真実に反することを、独自の判断と怠慢で不適切な取り扱いを続けてきた。厳しく非難する」

この記事は有料記事です。

残り1885文字(全文2127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです