特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

メディア時評

豊洲市場の「不都合な真実」を=石井妙子・ノンフィクション作家

 深刻な問題があればテレビや新聞が必ず報道してくれるものと、多くの人は信じている。

 豊洲市場で初荷のマグロに史上最高3億円を超える値がついたと毎日新聞(1月5日夕刊)をはじめ、各社は写真入りで大きく報じた。読者の大半が、景気のいい話だと、豊洲のにぎわいを強く印象づけられたことだろう。だが、現実は真逆だ。

 東京都中央卸売市場の発表統計で明らかなように豊洲移転後、取扱高は大幅に減少している。交通不便なうえに、市場内部の使い勝手があまりにも悪いため、買い出し人が他市場に流出してしまったのだ。6000億円もかけた最新設備のはずなのに床の陥没、シャッターやエレベーターの故障、「黒い粉じん」が舞う現象も見られ、市場関係者の一部からは喉の痛みを訴える声も上がっている。市場内ではターレ(小型運搬車)による事故が…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文829文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集