メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳再会談

ベトナム、機会活用 対中警戒、米関係強化

会談で握手を交わすトランプ米大統領(左)とベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長。後ろは「ベトナム建国の父」ホー・チ・ミンの像=ハノイで2019年2月27日、AP

 【ハノイ西脇真一】ベトナムの首都ハノイで27日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談に合わせ、トランプ氏とグエン・フー・チョン共産党書記長兼国家主席の米ベトナム首脳会談も開かれた。南シナ海で中国と領有権争いを抱えるベトナムは、今回の米朝首脳会談を米国との関係を強化する絶好の機会として最大限に活用している。

 会談後、米ベトナムの両首脳が見守る前で、米ボーイング社は航空機100機をベトナムの航空会社に売却す…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです