米国

非常事態宣言「無効」 下院が可決 共和13人造反

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン古本陽荘】米下院は26日、メキシコとの「国境の壁」建設のためトランプ大統領が宣言した国家非常事態を無効化する決議案を賛成多数で可決した。賛成245、反対182で、与党・共和党から13人が造反し、賛成に回った。採決に先立ちペロシ議長(民主党)は議場で「議員就任時の宣誓は、トランプ氏に対するものか、合衆国憲法に対するものかの選択だ」と共和党議員に賛成するよう呼びかけた。

 近く上院でも採決される。上院では定数100のうち共和党が53議席を占めるが、26日時点で3人の共和党議員が決議案に賛成する考えを表明した。計算上は他に1人でも共和党から賛成に回れば、決議案は可決されることになる。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集