メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

トランプ流融和術=坂東賢治

 <moku-go>

 2001年の中国の世界貿易機関(WTO)加盟は今でこそ、中国の大国化を決定づけたと位置づけられるが、当時の中国には慎重論も根強かった。1999年4月に訪米した朱鎔基首相は農産物の対外開放などで合意したが、帰国後、「譲歩しすぎだ」と批判にさらされた。

 国益をかけた通商、外交交渉は互いに譲歩を迫られる。交渉責任者に対して「弱腰」批判が起きやすいのは万国共通だ。結局、米中は同年11月に合意に達したが、当時の交渉担当者は時期を逸すれば、加盟は5~10年遅れたかもしれないと振り返っている。

 現在の米中貿易交渉は3月1日の関税引き上げ決定期限が延期され、トランプ大統領と習近平国家主席の首脳…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです