メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 追加報告書 要旨

 毎月勤労統計の不正問題で、再調査を進めていた厚生労働省特別監察委員会が27日まとめた追加報告書の要旨は次の通り。

 <追加調査の手法等>

 職員ら延べ69人、実人数59人、4都府県からもヒアリング。1月報告時の実人数は37人。今回の事案を中心としながら、統計法違反などを含む不適切な取り扱いが疑われる事案を調査。弁護士3人による事務局を設置し、職員・元職員への聴取は委員と事務局員が行った。

この記事は有料記事です。

残り3763文字(全文3957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです