メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来への手紙プロジェクト

生まれくる君へ、育ちゆくあなたへ 感動、成長とともに

自らの誕生の物語も掲載された本「君が生まれたあの日 未来への手紙」を手にする藤井稟さん(中央)と、母恵さん(左)、父順治さん=宮城県石巻市の自宅で2019年2月13日、西村浩一撮影

 赤ちゃん誕生のドラマを未来へ伝える運動「未来への手紙プロジェクト」(日本フィランソロピー協会主催、毎日新聞社、日本クリニクラウン協会共催)は2011年、東日本大震災で多くの命が失われ、虐待やいじめが深刻化する中、新しい命の誕生を喜び、その感動を伝えるという原点に回帰しようと始まりました。それから8年、今も虐待やいじめはなくならず、命が軽んじられる事件も後を絶ちませんが、毎週(大阪発行版は土曜朝刊、東京発行版は日曜朝刊)ご紹介する赤ちゃんへの手紙には、変わることのない子への愛情と、感動する父母や祖父母らの姿が描かれ、改めて原点に気づかされます。【編集委員・西村浩一】

 赤ちゃんに手紙を!祝福されて生まれたという事実、新しい生命に出会えた感動を未来へ伝えましょう。

この記事は有料記事です。

残り2658文字(全文2992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです