メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

焼け野原 東京都台東区・森田東亜子(無職・77歳)

 今年もまた3月10日がやってくる。

 当時、強く疎開を勧める祖母に対し、日本の勝利を信じて疑わない父母はなかなか承知しなかった。祖母は窮して、3歳の私に「おばあちゃんと信州に行くかい」と聞いてくれた。私はただちに「行く」と言って祖母に抱きついたのを覚えている。幼心にも、ひんぱんな空襲警報が怖かったのだ。私は祖母に背負われて列車の人となった。空襲警報で車内の明かりが消され、真っ暗な中で皆が声を殺した。解除になって、静かにしていた私は人々に大変ほめられた。

 祖母の家は2人きりで、それは平和だった。ある晩祖母に起こされて窓を開け放ち見たものは、赤く染まった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです