メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ゴジラ、水爆への思い 第五福竜丸、ビキニ被ばく65年

水爆実験とゴジラ

 静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」が南太平洋ビキニ環礁で米国の水爆実験で被ばくしてから3月1日で65年。その8カ月後、東宝の映画「ゴジラ」は「水爆大怪獣映画」のうたい文句で封切られて大ヒットした。今も人気のゴジラに製作者が込めた思いとは?【岩間理紀】

 ●科学万能への反省

 「ゴジラこそ、我々日本人の上に今なお覆いかぶさっている水爆そのものではありませんか」。1954年11月3日に公開された映画「ゴジラ」には、青年が老科学者を硬い口調で問い詰めるシーンがある。同年3月、米国がビキニ環礁付近で実施した水爆実験「ブラボー」で、第五福竜丸が「死の灰(放射性降下物)」を浴びて被ばくした。事件は広島、長崎原爆の記憶も根強い社会に衝撃を与えた。

 当時、「G作品」として極秘に進められていたゴジラプロジェクトの中で、原作の怪奇小説家、香山滋(かや…

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1763文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです