メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

科学技術関係予算の怪=鴨志田公男

 政府の2019年度当初予算案で、科学技術関係予算が18年度比10%増の4兆2377億円になった。初の4兆円超えで、過去最大規模だ。

 18年度当初予算も対前年度比で7%伸びていた。日本の研究開発力の低下が叫ばれていることを踏まえた措置なのか? 実態は少し違う。実質増も確かにあるが、科技関係予算の集計方法が18年度から二重に変わり、予算額が見かけ上、増えているのだ。

 政府は、科技関係予算を(1)科学技術の振興(2)科学技術を用いた新たな事業化(3)既存技術の実社会…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1122文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです