メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今どきサイエンス

科学技術関係予算の怪=鴨志田公男

 政府の2019年度当初予算案で、科学技術関係予算が18年度比10%増の4兆2377億円になった。初の4兆円超えで、過去最大規模だ。

 18年度当初予算も対前年度比で7%伸びていた。日本の研究開発力の低下が叫ばれていることを踏まえた措置なのか? 実態は少し違う。実質増も確かにあるが、科技関係予算の集計方法が18年度から二重に変わり、予算額が見かけ上、増えているのだ。

 政府は、科技関係予算を(1)科学技術の振興(2)科学技術を用いた新たな事業化(3)既存技術の実社会…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1122文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです