連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

首相の「口撃」過熱 「うそ言うわけない」「悪夢の民主政権 取り消さぬ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で質問者の立憲民主党の長妻昭代表代行に対し、予定時間を過ぎたことを腕時計を指しながら伝える安倍晋三首相=国会内で2019年2月18日、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で質問者の立憲民主党の長妻昭代表代行に対し、予定時間を過ぎたことを腕時計を指しながら伝える安倍晋三首相=国会内で2019年2月18日、川田雅浩撮影

 <access>

12年前の失脚トラウマ? 野党の印象悪化を狙う?

 通常国会の施政方針演説で1月、安倍晋三首相は毎月勤労統計の不正問題で陳謝し、改憲については「議論が深められることを期待する」と低姿勢に徹した。ところが、審議が始まると感情的になる場面が目立つ。何が首相をそうさせるのか。【江畑佳明】

 「私がうそを言うわけがないじゃないですか。人格攻撃ではないかと」。2月13日の衆院予算委員会で首相は憤然と答弁した。「根拠を出せ!」など野党のやじにも「根拠を出したら……」と応戦。怒号飛び交う中、野田聖子委員長は「総理もやじに答えないでください」とたしなめた。

 発端は、首相が憲法への自衛隊明記が必要な理由として持ち出した「自衛官の息子が『お父さん、憲法違反なの』と涙を浮かべた」エピソードを、立憲民主の本多平直議員に「実話か」と問われたこと。最初は冷静だったが「聞いたことがない」と返され、ボルテージは急に上がった。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1267文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集