メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 追加報告書 「書いた以上は話せない」 隠蔽否定、苦しい説明

記者会見する特別監察委員会の樋口美雄委員長(中央)ら=厚生労働省で2019年2月27日午後2時33分、宮間俊樹撮影

 「中立的、客観的な立場から、必要となる追加調査を実施した」。厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題で、「身内によるお手盛り調査」との批判を浴びた厚労省の特別監察委員会の樋口美雄委員長は27日の記者会見で再調査結果の正当性を強調したが、「隠蔽(いんぺい)は認められなかった」とした結論を疑問視する質問が相次ぎ、樋口委員長らは苦しい説明に終始した。【松本惇、大久保昂、酒井雅浩】

 記者会見は午後2時過ぎから約2時間続いた。報告書に「当時の雇用・賃金福祉統計室長がこれまでの不適切…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 八戸きりつけ 住民「静かな住宅街でなぜ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです