メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 脳性まひ女性、国賠提訴 「子どもほしかった」 神戸地裁

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、脳性まひで手足が不自由な鈴木由美さん(63)=神戸市=が27日、国に1100万円の損害賠償を求めて神戸地裁に提訴した。弁護団によると、旧法を巡る国賠訴訟は全国で14件目で、脳性まひによる身体障害者の提訴は初めて。

 訴状によると、鈴木さんは生まれながらに両手足が動かず、…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです