メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
朝ドラ

20年度前期「エール」は「コード・ブルー」「ハゲタカ」の林宏司が脚本

来春スタートの朝ドラ「エール」の主演に決まった窪田正孝さん

[PR]

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表会見が28日、東京・渋谷の同局で行われ、主演を俳優の窪田正孝さんが務め、脚本をドラマ「ハゲタカ」(NHK)、「医龍」シリーズ、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」シーズン1、2(ともにフジテレビ系)などの林宏司さんが手がけることが明らかになった。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。

 「エール」は昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した福島県の作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)さんとその妻・金子(きんこ)さんとの物語となる。

 林さんは、主人公のモデルとなる古関さんについて「波乱に満ちた昭和という時代。誰もが口ずさめるヒット歌謡を連発し、時代の寵児(ちょうじ)でありながら、驚かされるのは、手掛けた応援歌や校歌の多さです。甲子園の行進曲『栄冠は君に輝く』のタイトルがいみじくも象徴するように、自分のことよりも、人を元気づけたい、頑張ってる人、恵まれない人に声援を送りたい……そんな思いで、この人は戦前、戦中、戦後、数多の曲を作り続けたのではないだろうか」と語り、「こうして、ドラマ『エール』は生まれました」とコメント。

 さらに「暗い時代も明るい時代も、人々の心を揺さぶり、励まし続けた“古関メロディー”のように、このドラマが、どうか、朝のひととき、誰かの“エール”になれますように」とメッセージを寄せている。

 朝ドラは現在、安藤サクラさん主演の「まんぷく」が放送中。4月1日には第100作となる広瀬すずさん主演の「なつぞら」がスタートし、9月30日から戸田恵梨香さんが主演を務める「スカーレット」が放送される。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです