メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賭ケグルイ

“夢子”浜辺美波「生き生きとした学園生活を送ってます」 メーキング写真公開 映画版は…

浜辺美波さん主演の「映画 賭ケグルイ」のメーキング写真 (C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

 女優の浜辺美波さんが主演する映画「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が5月3日に公開される。マンガ原作者の河本ほむらさんがシナリオ原案・監修として参加したオリジナルストーリーで、浜辺さんら今をときめくキャスト陣がハイテンションで挑む極上の心理戦が楽しめるという。「生徒代表指名選挙」が繰り広げられているロケ現場で取材に応じた浜辺さんは、主人公の蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)として「芽亜里(めあり)さん(森川葵さん)や鈴井さん(高杉真宙さん)とか皇(すめらぎ)ちゃん(松田るかさん)とか、皆さんとの距離感が近い中、楽しく話すシーンも増えてきて、生き生きとした学園生活を送っています」と笑顔で明かしていて、メーキング写真も公開された。

見どころは“鈴井”高杉真宙の賭場シーン?

 「賭ケグルイ」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本さん原作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子の登場によって、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。テレビドラマの第1期が18年1月期に放送され、第2期はMBSで3月31日深夜、TBSで4月2日深夜にスタートする。

 映画は、生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり、池田エライザさん)とのギャンブルを心待ちにしていた二年華組・蛇喰夢子(浜辺さん)。2人の勝負の期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭し、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しをたくらむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言するのだった……という展開。映画オリジナルキャラの「ヴィレッジ」のメンバーとして、宮沢氷魚さんや福原遥さんらが新たに登場する。

 浜辺さんは「新キャラがたくさん出てきますし、いつも夢子の後ろについて回って、(ギャンブルを)勉強していたであろう、鈴井さんが参戦してくるので、賭場のシーンはぜひ見ていただきたいです」とアピールする。

“芽亜里”森川葵「この現場は何でもアリ」 “木渡”矢本悠馬と賭ケグルう!

 「生徒代表指名選挙」で夢子役の浜辺さんとコンビを組むのが鈴井涼太役の高杉さん。「撮影していて、前回よりも“学園もの”を撮っている感じがありました。賭ケグルイらしくない、すごく爽やかなシーンもあって。相変わらず僕は鈴井としていじられながら必死に生きています(笑い)。賭場に立つのもドキドキしましたね。ずっと観客側で応援していたので、僕はここに立っていいのかって。でもゲームできることはうれしいです」と話している。

 一方、「この現場は何でもアリ」と話すのが早乙女芽亜里役の森川さん。今作での芽亜里の“相方”は矢本悠馬さん演じる木渡潤で、「(矢本さんと)一緒にお芝居をしているうちに、『あ、芽亜里が戻ってきた!』という感覚をつかむようになりました。もちろん、夢子と鈴井とやっていても、そんな感覚はあるんですけれど、芽亜里が賭け狂っている感じは、やはり木渡とのシーン」と森川さんは結論づけている。

 矢本さんも「ペアを組んだ芽亜里は、カッコ良くなっています」と認めていて、「どこかどっしりして構えていて、貫禄があって、そういうシーンも多くて、うらやましいですね。木渡的には、どうかな?と思いますけれど、ネタのぶっ込み方はパワーアップしていると思います」と自信をのぞかせていた。

中村ゆりか&松田るかが語る「映画 賭ケグルイ」 皇伊月に「社会性が出てきた」

 この日のロケには「生徒代表指名選挙」を仕掛ける側の生徒会から五十嵐清華役の中村ゆりかさん、金にものを言わせて生徒会復帰を画策する皇伊月役の松田さんも参加。

 中村さんは「私はほとんど見ている側なんですが、皆さんぶっ飛んだキャラクターを演じられていて。私はつい視聴者の目線で見てしまい、自分の役を忘れてしまうこともありました」といい、「私はルール説明が長くて、孤立感があるので、たまに仲間に入りたいな」と本音もちらり。

 またドラマのシーズン2を含めて「皇ちゃんには人間味や社会性が出てきた」と印象を明かす松田さんは、「台本にト書きで『社会性が出てきた』と書かれていて、それをト書きで書くんだって」と苦笑い。それでも「前回は自分がやり切ったつもりでも、カメラを通して見ると、『まだイケる』ってオンエアを見て思ったので、シーズン1の自分を超えようと思ってやっています」と気合を見せていた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです