メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易交渉3月開始の意向 対中国交渉は慎重姿勢 USTR代表

 【ワシントン中井正裕】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は27日、下院歳入委員会の公聴会で、3月にも来日し、日米の2国間貿易交渉を始めたい意向を示した。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)などの発効で米国の輸出環境が悪化することに懸念を表明し、「交渉入りは急務だ」と述べた。

 日米両政府は昨年9月の首脳会談で交渉開始に合意。しかし中国との貿易協議や米政府機関の一部閉鎖の影響もあり、いつ始めるのかは決まっていなかった。

 昨年12月にTPPが、今月1日には日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が相次いで発効。日…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文751文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです