メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳2日目協議始まる トランプ氏「速度は重要ではない」

 【ハノイ高本耕太、渋江千春】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は28日、ハノイで2日目の協議を開いた。両首脳による「1対1形式」や、側近が同席する拡大会合などの形式で、北朝鮮の完全非核化に向けた具体的措置や米国による見返りを中心に議論を進めた。会談後、両首脳は共同声明に署名し、トランプ氏が記者会見で成果を発表する見通しだ。

 両首脳は午前9時(日本時間同11時)、市内の老舗高級ホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」で通訳のみを同席させる「1対1形式」で約40分間会談した。会談冒頭、金委員長が「最終的に良い結果が出せる最善の努力をする」と述べると、トランプ氏は「核・ミサイルの実験がないことに非常に感謝している」と応じたうえ、非核化交渉を念頭に「速度は重要ではない。正しい取引をしたい」と重ねて表明した。

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです