メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「制裁の完全解除を」強気の金氏が“高めのボール” トランプ流ディールならず 米朝再会談

寧辺の核関連施設とそれ以外の核・ミサイル施設

 北朝鮮の非核化の具体的措置を巡り合意に至らなかった2回目の米朝首脳会談。トランプ米大統領は「互いに恋に落ちた」とまで表現して金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との蜜月をアピールしていたが、トップ交渉による「成果」は得られなかった。今後の非核化交渉への影響も懸念される。

 日程変更が突然知らされたのは、代表記者団が両首脳の昼食会開始を待っているときだった。「大統領はこの後、ホテルに戻る」。ホワイトハウスのサンダース報道官の説明で、昼食会と共同声明の署名式の両方がキャンセルされたと分かると「決裂」の観測が一気に広がった。約40分後、両首脳が別々の車列で会場を離れると、食卓の上にはメニューと使われないままの食器が残された。

 「彼ら(北朝鮮)は制裁の完全解除を望んだ。彼(金委員長)は非核化したがったが、我々が望む部分よりも重要ではない部分だった。それでは、我々はすべての制裁の解除はできなかった」

この記事は有料記事です。

残り2574文字(全文2977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです