メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「制裁の完全解除を」強気の金氏が“高めのボール” トランプ流ディールならず 米朝再会談

寧辺の核関連施設とそれ以外の核・ミサイル施設

 北朝鮮の非核化の具体的措置を巡り合意に至らなかった2回目の米朝首脳会談。トランプ米大統領は「互いに恋に落ちた」とまで表現して金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との蜜月をアピールしていたが、トップ交渉による「成果」は得られなかった。今後の非核化交渉への影響も懸念される。

署名式、突然キャンセル

 日程変更が突然知らされたのは、代表記者団が両首脳の昼食会開始を待っているときだった。「大統領はこの後、ホテルに戻る」。ホワイトハウスのサンダース報道官の説明で、昼食会と共同声明の署名式の両方がキャンセルされたと分かると「決裂」の観測が一気に広がった。約40分後、両首脳が別々の車列で会場を離れると、食卓の上にはメニューと使われないままの食器が残された。

 「彼ら(北朝鮮)は制裁の完全解除を望んだ。彼(金委員長)は非核化したがったが、我々が望む部分よりも…

この記事は有料記事です。

残り2600文字(全文2977文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです