メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低糖質スイーツで社会貢献 高知の菓子業界2人が開発

主力商品の焼き菓子4品を手に笑顔の福永さん(右)と立川さん=高知県南国市の菓子工房シャン・クレールで2019年2月22日11時8分、郡悠介撮影

 高知県南国市の菓子メーカー「スウィーツ」の相談役、福永稔さん(66)ら開発の低糖質菓子「美糖質スイーツ」が23日、県内2カ所で発売された。商品は焼き菓子と生菓子の計11品目。社会貢献につなげる試みで、売り上げの5%を給付型奨学金の基金に寄付し、菓子の一部は障がい者施設に製造を委託する仕組みだ。【郡悠介】

 福永さんの友人が糖尿病を患ったことを契機に、洋菓子店「菓子工房シャン・クレール」(南国市)を営む旧知の立田俊二さん(65)と共同で低糖質菓子を開発。ユズのガトーショコラやカツオのラスクなど主力商品の焼き菓子4品のほか、ショートケーキやロールケーキといった生菓子7品をそろえた。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです