メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活指針65市区町村が従わず スポーツ庁が順守要求へ

今年度から「部活動の適正化」に取り組んでいる前橋市内の中学校。冬場の練習は午後5時半までと学校全体で決まっている=前橋市内で2019年2月25日、鈴木敦子撮影(記事と写真は関係ありません)

 全国の65市区町村がスポーツ庁の運動部活動に関するガイドライン(指針)で上限が示されている活動時間より緩い基準を設けていることが、同庁の調査で判明した。市区町村はほとんどの公立中学校を管轄しており、1時間長く設定したなどの例があった。同庁は「指針の形骸化につながる」として、来月にも順守を求める通知を出す方針を固めた。

 部活動については以前から、長時間練習が生徒のけがや教員の長時間勤務につながっているとの指摘があった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです