メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪期間中に東京で原爆展 長崎市と広島市が共催

長崎市の田上富久市長=釣田祐喜撮影

 長崎市の田上富久市長は28日の市議会一般質問で、2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に合わせて東京都内で原爆展を広島市と共催する方針を明らかにした。また、東京五輪の閉会式が長崎に原爆が投下された8月9日に実施されることから、式典で核兵器廃絶と平和を願って黙とうをするよう五輪の組織委員会に働きかける考えも示した。

 田上市長は、世界各国から選手や観客、報道関係者らが東京に集まることを原爆展開催の理由に挙げたうえで…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです