生徒に暴行された教諭が学校側を提訴 四條畷市などに賠償求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
提訴について記者会見する中学教諭の男性=大阪市北区で2019年2月28日午後4時32分、山田尚弘撮影
提訴について記者会見する中学教諭の男性=大阪市北区で2019年2月28日午後4時32分、山田尚弘撮影

 大阪府四條畷市立中学に勤務する40代の男性教諭が、校内で男子生徒に殴られて重傷を負ったのに、学校側が救急車を呼ぶなどの対応をせず、公務災害の申請も妨げられたとして、市などに計約920万円の損害賠償を求める訴訟を28日、大阪地裁に起こした。生徒からの暴力を巡り、現職教諭が学校側を訴えるのは異例だ。

 訴状によると、教諭は2013年12月の給食時間中、教室の扉を蹴った1年生の男子生徒を注意したところ、顔を殴られた。さらに両手首を強く締め付けられ、膝蹴りを受けた。鼻の骨を折るなどの重傷を負ったが、学校側は警察や消防に通報しなかった。

 直後から休職を余儀なくされ、当時の校長に公務災害の申請を依頼。しかし校長は「保険で治療しないか」「目撃者がいないので書類が書けない」などと拒否し、約3カ月後まで手続きしなかったと主張している。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文957文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集