「単独親権」憲法判断示さず  最高裁、夫側の上告棄却決定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 離婚後に父母の一方しか子の親権者になれない民法の「単独親権制度」について、妻と子の親権を争う夫が「一方の親から子の親権を奪うのは法の下の平等を定めた憲法14条に違反する」と訴えた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は26日付で夫側の上告を棄却する決定を出した。決定は「上告理由に当たらない」とし、憲法判断は示さな…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集