メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾で続く「韓流」ブーム 高雄市長、市民の心つかむ

合同インタビューに出席した記者一人一人と笑顔で握手する韓氏(右から2人目)=高雄市の高雄市立図書館で2019年2月22日午後0時6分、福岡静哉撮影

 台湾の最大野党・国民党に所属する韓国瑜・高雄市長(61)は今、台湾で最も人気があると言われる政治家だ。昨年11月の高雄市長選で「韓流」と呼ばれる爆発的なブームを巻き起こし、民進党の強固な地盤である同市で大金星をあげた。人気は昨年12月の市長就任後も衰えていない。2020年1月に予定される総統選に関する2月の各種世論調査で韓氏は、現時点で出馬を否定しているにもかかわらず、蔡英文総統(62)=民進党=や国民党の有力政治家らを差し置いてトップに立った。その韓氏が2月22日、台湾駐在海外メディアの合同インタビューに応じた。人なつっこい笑顔を振りまく一方で、対中国政策では慎重なもの言いに終始した。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3073文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです