連載

麗しの島から

台湾や香港の幅広い話題を現場からお伝えします。

連載一覧

麗しの島から

台湾で続く「韓流」ブーム 高雄市長、市民の心つかむ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
合同インタビューに出席した記者一人一人と笑顔で握手する韓氏(右から2人目)=高雄市の高雄市立図書館で2019年2月22日午後0時6分、福岡静哉撮影
合同インタビューに出席した記者一人一人と笑顔で握手する韓氏(右から2人目)=高雄市の高雄市立図書館で2019年2月22日午後0時6分、福岡静哉撮影

 台湾の最大野党・国民党に所属する韓国瑜・高雄市長(61)は今、台湾で最も人気があると言われる政治家だ。昨年11月の高雄市長選で「韓流」と呼ばれる爆発的なブームを巻き起こし、民進党の強固な地盤である同市で大金星をあげた。人気は昨年12月の市長就任後も衰えていない。2020年1月に予定される総統選に関する2月の各種世論調査で韓氏は、現時点で出馬を否定しているにもかかわらず、蔡英文総統(62)=民進党=や国民党の有力政治家らを差し置いてトップに立った。その韓氏が2月22日、台湾駐在海外メディアの合同インタビューに応じた。人なつっこい笑顔を振りまく一方で、対中国政策では慎重なもの言いに終始した。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3073文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集