メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「爆笑龍馬伝」に込めた母とオヤジ 三遊亭歌之介さん「四代目圓歌」襲名へ

歌之介改メ四代目三遊亭圓歌襲名披露興行のポスター

 今や若者文化の発信地となった秋葉原駅近くにある「やきもち」(http://yakimochi.info/)は、元日本テレビディレクターで「笑点」も担当していた中田志保さんがおかみを務める、日本で唯一、ということは世界でも唯一の「落語と小料理の店」。落語会も開かれ、「プチお大尽」になった気分で酒と料理と落語が楽しめると口コミで話題になっている。ちなみに、のれんは桂歌丸さんから、入り口ののぼりは春風亭昇太さんから贈られたもの。ネットニュースにも登場しているので、かっぽう着姿のおかみを見たい方はぜひご参照を。

 と、何度もうかがっている「やきもち」に、ちょっとお疲れの姿で現れたのは、三遊亭歌之介さん(59)。師匠はおととし亡くなった三代目三遊亭円歌さんで、師匠の名、円歌の四代目を襲名し、50日間にわたる披露興行が、3月21日初日の上野・鈴本演芸場を皮切りにまもなく始まる。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1285文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです