メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

名人戦順位戦A級 挑戦権目指し白熱 最終戦5局一斉開始

豊島将之新棋聖

 佐藤天彦(あまひこ)名人(31)への挑戦権を懸けた第77期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の最終9回戦5局が1日午前9時、静岡市葵区の浮月楼で一斉に始まった。

 A級順位戦最終局が同所で行われるのは2年連続3回目。江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜が20年間住んだと伝えられる浮月楼。その庭園に臨む明輝館に、A級棋士10人が次々と姿を現し、五つの部屋に分かれていった。

 通常のA級順位戦より1時間早い午前9時、それぞれの盤を挟んだ両対局者が一礼し、対局を開始した。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです