メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就職活動

いざ、短期決戦 一斉スタート

合同企業説明会の開始を待つ学生たち=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年3月1日午前9時46分、藤井達也撮影

 2020年春に卒業予定の大学3年生らを対象にした主要企業の会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的にスタートした。経団連の指針では面接などの選考活動解禁は6月1日で、本格始動から3カ月の短期決戦となる。人手不足を背景に企業の採用意欲は旺盛で学生優位の売り手市場が継続。学生の間では残業時間や休日取得など働く環境への関心が高まっている。

 東京、名古屋、大阪など主要都市で開催の合同企業説明会では、採用担当者が自社の魅力をアピール。正式な…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです