メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

時の大河を老兵はゆく 91歳パドル船で1泊2日 バングラデシュゆらり旅

汽笛を鳴らしダッカの波止場に近づくマスッド号。傷んだ船体が老兵を思わせる=バングラデシュで、平川哲也撮影

 南アジアの大河を、自転車並みの速さでロケットがゆく。水車のようなパドルで水をかいて進む、バングラデシュの外輪船「ロケット・スチーマー」。先月、齢(よわい)91の老船で1泊2日の船旅を堪能してきた。【平川哲也】

 夕暮れ時の首都ダッカ。喧噪(けんそう)の市場を抜けたブリガンガ川の波止場で、短い汽笛が3度鳴った。身の丈を超える荷を抱えた少年の視線を追う。渡し船が左右に散らばるその先、1928年製のロケット・スチーマー「マスッド号」が見えた。黒ずむ川をかく大きなパドル、溶接の跡とさびたリベットの浮く巨体は老兵を思わせた。

 南部モロルガンジまでの約260キロを約20時間で結ぶロケット・スチーマーは、その名の通り蒸気船として英国統治時代にインドで製造された。エンジンこそディーゼルに積み替えられたが、大河の入り組むバングラデシュでは今も4隻が人々の足として活躍する。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです