メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI図鑑アプリ

海響館、全部いただき かざして登録、生物図鑑

 山口県下関市の水族館「海響館」は1日から、スマートフォンやタブレットを生物にかざすだけで名前や生態が分かるAI(人工知能)図鑑アプリを導入した。生物を認識すれば自分だけの図鑑を作ることができる。これまで海遊館(大阪市)や鳥羽水族館(三重県)などで実験的に導入しており、中四国・九州地方の水族館では初となる。

 導入するのは、Linne社(東京都)が開発した生物検索アプリ「LINNE LENS(リンネレンズ)」。水槽の前で生物にスマホやタブレットをかざすと、生物名が画面に表示され、自動でアプリ内の図鑑に登録される。生息地や生息環境、国内で見られる水族館などの情報が表示され、一部には海響館飼育員による一言解説も付く。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  4. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです