メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クロサイ

「マキ」死ぬ 人気者の28歳雌 かみね動物園 /茨城

子供たちから餌をもらうクロサイの「マキ」=かみね動物園提供

 日立市のかみね動物園は2月27日、飼育していたクロサイの「マキ」(雌、28歳)が死んだと発表した。同園によると、26日午後3時半ごろ、獣舎内で突然倒れた。酸素吸入や強心剤の投与などを施したが、約1時間後に死んだことが確認された。解剖して詳しい死因を調べている。

 マキは1990年6月8日、同園で生まれた。95年に…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

  2. ワクチン期待、東証大幅反発

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 英金融情報大手、米S&Pが買収 今年最大、4.6兆円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです