メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高入試 全日制4万3501人受験 平均倍率は1.16倍 /埼玉

 公立高校入試の学力検査が28日、県内144校で実施された。全日制の受験者数は4万3501人で、平均倍率は1・16倍。定時制は1070人が受験し、平均倍率0・50倍だった。一部に応用的な問題が含まれ難度の高い「学校選択問題」(数学、英語)は全日制21校で実施された。1日は一部の高校で実技検査と面接を行う。8日に合格発表がある。

 県教育委員会によると、飯能高で数学の学力検査後、受験生1人の解答用紙の回収が遅れるミスがあった。監督教諭が複数回行うべきだった枚数確認を怠ったためという。直後に受験生本人が気づいて提出したため他の生徒と同様に扱われる。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです