メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 佐倉市立美術館(千葉県佐倉市) 文化財、玄関ホールに活用 /東京

 江戸時代、城下町として栄えた千葉県佐倉市。にぎやかな「新町通り」沿いにたたずむレンガ造り2階建ての建物は、大正時代に建造された旧川崎銀行佐倉支店(県指定有形文化財)だ。銀行として使われた後、市役所や図書館、資料館と姿を変え、町の変遷を見守ってきた。1994年からは、美術館のエントランスホールとして活用されている。

 中に入ると、天井は高く、重厚な造り。2階部分は吹き抜けになっており、ぐるりと回廊が復元されている。…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文711文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです