特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

春に挑む・国士舘センバツへ

選手紹介/9 渡辺伸太郎外野手(2年) 俊足で次の塁を狙う /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
素振りをする国士舘の渡辺伸太郎外野手=東京都多摩市で、川村咲平撮影 拡大
素振りをする国士舘の渡辺伸太郎外野手=東京都多摩市で、川村咲平撮影

 <第91回選抜高校野球>

 50メートル走は5秒8。チームトップの俊足を生かし、国士舘の伝統スタイルである機動力野球に欠かせない存在となりつつある。「甲子園でも積極的に次の塁を狙い、相手守備をかき回したい」と意気込む。

 小中学生時代は主に遊撃手で、高校で外野に転向。「初めは抵抗感があったが、生き残るため」と必死で捕球技術や打球に追いつく感覚を磨き、「やりがいがあるポジション」と板についてきた。

 出塁率を高めようとバント練習にも取り組む。昨秋の東京大会は途中から2番打者に定着し、準決勝で先制点につながるバントヒットを成功させるなど攻撃の起点となった。

 筋力トレーニングを日課とし、ベンチプレスは100キロを上げる。高校の必修科目「柔道」が楽しみで、1月の校内大会は得意の一本背負いで優勝した。

 試合でかぶる帽子を昨夏までチームを支えた3年生「左腕トリオ」の一人、草薙柊太投手から譲り受けた。最後の夏に甲子園を逃した先輩の分まで、暴れ回る覚悟だ。【川村咲平】=つづく


 ▽右投げ右打ち▽身長174センチ▽体重76キロ▽出身・江戸川南ボーイズ

関連記事

あわせて読みたい