メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵紙で彩る小千谷のひいな祭り

江戸時代にタイムスリップ 会場に三味線や和太鼓響く /新潟

 小千谷市の「絵紙(えがみ)で彩る小千谷のひいな祭り」(3日まで)会場に三味線や和太鼓が響き、観光客らを楽しませている。特にメイン会場の照専寺和順会館(同市平成2)にあんどんがともる午後4時からの1時間は、絵紙が伝わった江戸時代のような光度で鑑賞できると評判だ。この時間に奏でられる和楽器の調べは、訪れた人たちを江戸時代にタイムスリップさせる。【若狭毅】

 浮世絵、特に多色刷りの木版画(錦絵)のことを、小千谷では絵紙と呼んでいる。麻織物の「小千谷縮(ちぢ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  3. あおり運転 イラッときたら怒声器に 大分の僧侶開発
  4. 京都府警 あおり運転、ヘリで監視 高速道、パトと連携
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです