特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

頂点へ

東邦 平成最後の春に 部員紹介 坂上大誠選手(3年) 苦手な外角を克服 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東邦の坂上大誠選手=愛知県東郷町で、高井瞳撮影 拡大
東邦の坂上大誠選手=愛知県東郷町で、高井瞳撮影

 <第91回選抜高校野球 センバツ高校野球>

 昨秋の東海大会では打率5割と好調をアピール。チームに勢いをつける打撃で優勝に貢献した。

 しかし、東海大会後に臨んだ神宮大会では、初戦で対戦した八戸学院光星(青森)の投手を前に4打数1安打に抑えられた。忘れられないのが七回の場面。2死満塁の好機に打順が回り、2ストライクに追い込まれた。次は変化球を予想していたが、来たのは外角のストレート。当てるだけのバッティングになってしまいチャンスを逃した。「予想外の球に対応ができなかった。甘い球だったのに、ちゃんと振れなかったのが悔しかった」と振り返る。

 この経験を教訓に、予想外の球にも対応できるよう、苦手な外角の球を打つ練習に取り組んでいる。練習後はティーバッティングで納得がいくまで打ち込む。

 センバツに向け、「どんな投手が来ても隙(すき)を作らず、投げるのが怖いと思われる打者になりたい」。苦手な外角を克服し、神宮大会での雪辱を果たすつもりだ。【高井瞳】=随時掲載


 ◆自分の特長は?

身長180センチ、77キロ

右投げ、左打ち

名古屋市立千種台中出身

右翼手


 <マネジャーから一言>

 ティーバッティングを誰よりも多く打ち、他の選手にフォームの確認をしてもらうなど練習に抜かりがない。

関連記事

あわせて読みたい