メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

川柳作家・石橋陸朗 高炉台公園(八幡東区中央) 「くろがね」の誇りを17音に /福岡

 八幡は「九州川柳発祥の地」だという。八幡製鉄所内で生まれた川柳結社「川柳くろがね吟社」がその動きを作った。「北九州の川柳の育ての親」と呼ばれた上野十七八(さかり)を継いで、吟社の6代目会長に就いたのが石橋陸朗だ。

 句碑は1975年、吟社が中心となって建てた。自然石に、本人の直筆で句が刻まれている。

 巣立つ子の夢へ八幡の空は炎え

 7人の子があり、子供を詠んだ句が多かったという。5月にあった除幕式には本人も出席。近くの大谷会館で…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです