特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

春に花咲け

’19日章学園 選手紹介/4 森永光洋左翼手/平野大和中堅手 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

積極的な盗塁持ち味 森永光洋左翼手 2年、日章学園中 171センチ、71キロ

 持ち味は50メートル5・8秒の俊足を生かした「足を使った攻撃」。「出塁後は常に次の塁を狙う」と言う通り、積極的な盗塁で好機を演出する。打撃練習では自身のスイングを動画撮影し、スロー再生で見直しながらフォームを改善。昨秋の県大会、九州大会を通じてチームで打率2位の成績は努力の成果だ。昨夏の県大会で敗退し引退した部の先輩でもある兄隼平さん(3年)を追うように野球を始めた。「兄の悔しさを胸に、センバツでまずは初勝利をつかみたい」

チーム一の長打力 平野大和中堅手 2年、日章学園中 177センチ、80キロ

 頼れる主砲。チーム一の長打力が自慢だ。昨秋の九州大会はけがのため100%の力が発揮できなかったが、それでも県大会を含め7試合で9打点とチームに貢献した。強打の秘密は「試合を意識した打撃練習」。「2死三塁」など具体的な戦局をイメージし、どの方向へ打ち返すかなど明確に狙いを定めてバットを振ってきた。力だけに頼らず、器用に打ち分ける技術にも磨きをかける。「甲子園ではホームランを打って強気な野球をしたい」と熱を込める。

次に読みたい

あわせて読みたい