米朝首脳会談

非核化合意なし 北朝鮮、制裁解除要求 廃棄「寧辺のみ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣僚らを入れた拡大会合に臨むトランプ米大統領(左)と金正恩朝鮮労働党委員長(右)=ベトナム・ハノイで2019年2月28日、ロイター
閣僚らを入れた拡大会合に臨むトランプ米大統領(左)と金正恩朝鮮労働党委員長(右)=ベトナム・ハノイで2019年2月28日、ロイター

 【ハノイ高本耕太、渋江千春】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで2日間の会談を終えた。トランプ氏は会談後に記者会見を開き、会談で合意には至らず共同声明への署名を見送ったと明らかにした。今回のトップ会談によって、北朝鮮の完全非核化に向けた具体的措置と米国の見返り措置を巡る隔たりが埋まるかが注目されたが、双方とも妥協せず、核問題解決の困難さが改めて浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1183文字)

あわせて読みたい

注目の特集