メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

全面禁煙に 夏季で初、敷地内に喫煙所なし

最近の五輪における競技会場内の禁煙方針

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、競技会場の敷地内に喫煙所を設けず「全面禁煙」とする方針を明らかにした。たばこは紙巻きだけではなく、加熱式も含まれる。組織委によると、敷地内を含めた全面禁煙は夏季五輪では初の試みという。前回の16年リオデジャネイロ五輪など過去の大会でも建物内は禁煙だったが、敷地内に簡易喫煙所を設けるなどしていた。

 国際オリンピック委員会(IOC)は1988年のカルガリー冬季五輪以降、大会時の禁煙方針を採択。10年には世界保健機関(WHO)と協定を結び、「たばこのない五輪」を推進してきた。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです