メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

米朝会談 北朝鮮、強気崩さず 成果焦り米の誤算(その1)

首脳会談後の記者会見で手を上げて応えるトランプ米大統領=ベトナム・ハノイで2019年2月28日、ロイター

昼食会・署名式、突如中止

 北朝鮮の非核化の具体的措置を巡り合意に至らなかった2回目の米朝首脳会談。トランプ米大統領は「互いに恋に落ちた」とまで表現して金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との蜜月をアピールしていたが、トップ交渉による「成果」は得られなかった。今後の非核化交渉への影響も懸念される。

 日程変更が突然知らされたのは、代表記者団が両首脳の昼食会開始を待っているときだった。「大統領はこの後、ホテルに戻る」。ホワイトハウスのサンダース報道官の説明で、昼食会と共同声明の署名式の両方がキャンセルされたと分かると「決裂」の観測が一気に広がった。約40分後、両首脳が別々の車列で会場を離れると、食卓の上にはメニューと使われないままの食器が残された。

 「彼ら(北朝鮮)は制裁の完全解除を望んだ。彼(金委員長)は非核化したがったが、我々が望む部分よりも…

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2163文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. ORICON NEWS KANA-BOON・谷口鮪、飯田帰宅に「無事でよかった…」 メンバーから安堵の言葉
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです