メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

サウジの女性大使

 米国の名門ブッシュ家で息子のように愛された駐米大使が、少なくとも2人いる。

 中国の楊潔〓氏(共産党政治局員)とサウジアラビアのバンダル・ビン・スルタン王子だ。楊氏は2001年から4年間、バンダル王子は1983年から20年余り大使を務めた。

 楊氏の場合、名前に虎の文字が含まれており、ブッシュ家では「タイガー・ヤン(楊)」の名で親しまれた。父親のブッシュ氏(元大統領)の中国訪問時は通訳を務め、ブッシュ子大統領の就任(01年)とほぼ同時に駐米大使になった。

 バンダル王子も「バンダル・ブッシュ」と呼ばれるほどブッシュ家に溶け込み、米国製兵器のサウジ供与も含めたロビー活動の中心だった。01年の米同時多発テロでは19人の実行犯のうち15人がサウジ国籍だっただけに、対米関係の安定に苦労しただろう。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです