メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

物価2%上昇、当面困難 2審議委員、緩和長期化懸念も

 日銀の片岡剛士審議委員と鈴木人司審議委員が27、28日に相次いで講演した。両委員はいずれも日銀が目指す2%の物価上昇率の実現について当面は困難との認識を示し、金融緩和の長期化による副作用への懸念も表明した。政策委員会内部で高まる現行政策への懐疑的見方を反映した形で、日銀の政策運営が困難を増していることを浮き彫りにした。

 「長期間にわたり物価上昇率の高まりが抑制される可能性がある」。28日に水戸市で講演した鈴木氏は、企業や家計に根強い値上げへの抵抗感があることを踏まえ、2%目標実現の難しさを認めた。27日に高松市で講演した片岡氏も「2%に向けて上昇率が高まる蓋然(がいぜん)性は低く、モメンタム(勢い)も強まっていない」と明言。長引く超低金利に伴う副作用についても、鈴木氏は高い利回りを狙った高リスクの投融資が、将来…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです