メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中筋純さん=原発事故をテーマにしたアート展を企画した写真家

カメラマンの中筋純さん=佐々本浩材撮影

中筋純(なかすじ・じゅん)さん(52)

 東京電力福島第1原発事故からまもなく8年。事故と向き合い続けた芸術家14人の作品を集めた「もやい展」を5~10日、金沢市の金沢21世紀美術館で開く。それぞれが絵画、彫刻、陶芸、漫画、生け花、写真などで「3・11」を表現する。

 写真家として、1986年に旧ソ連で発生したチェルノブイリ原発事故の周辺地域で撮影を続けてきた。2007年から定期的に現地を訪れると、無人の街が次第に自然に覆われていくのが分かった。福島第1原発事故の発生後、「チェルノブイリでの取材は、20年後の福島がどうなるかを確認する作業に…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです