メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひかりの輪

逆転敗訴 観察処分適法「オウムと同一性」 東京高裁判決

 オウム真理教の後継団体から分派した「ひかりの輪」(上祐史浩代表)が、団体規制法に基づく観察処分の更新決定を不服として、国に決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が28日、東京高裁であった。後藤博裁判長は、決定を違法とした1審・東京地裁判決を取り消し、適法と判断。国側の逆転勝訴とした。【服部陽】

 同法は「無差別大量殺人をした団体」に対する規制措置を規定。高裁は、ひかりの輪への監視を続ける必要があると認めた格好だ。

 国(公安審査委員会)は2000年、分裂前の教団を対象に観察処分を決定。ひかりの輪が、オウム後継の「…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです