東日本大震災

福島第1原発事故 2号機調査 原子炉格納容器、毎時43シーベルトを計測

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島第1原発2号機の原子炉格納容器の底部。溶け落ちた核燃料とみられる塊や降り注ぐ冷却水などが確認できる=東京電力提供
福島第1原発2号機の原子炉格納容器の底部。溶け落ちた核燃料とみられる塊や降り注ぐ冷却水などが確認できる=東京電力提供

 東京電力は28日、炉心溶融した福島第1原発2号機で2月13日に実施した原子炉格納容器内部の調査で、最大毎時43シーベルトの放射線を計測したと発表した。約15分で致死量に達するほどの高線量。昨年1月の前回調査でも同42シーベルトを計測していた。

 東電は2月13日、2号機格納容器内に溶け落ちた燃料(燃料デ…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

注目の特集