メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

不思議なストップウオッチ/1

不思議なストップウオッチ 1

[PR]

 <広げよう おはなしの輪>

    ぶん 西田俊也(にしだ・としや)  やまだないと

     大人おとなたちは、どものあたまをなでては、おおきくなったねえ、とうれしそうにいう。

     あれはちょっとイヤなんだ。小学しょうがくねん洋太ようたはいつもそうおもう。

     あたまをなでられるのはいいんだけど、おおきくなったねー、がこまるんだ。

     だって、ちっともおおきくなってない、やめてよ、そういうのは、とこころなかでブツブツおもう。

     小学校しょうがっこう入学にゅうがくしたとき、洋太ようたじゅんは、クラスで2ばんだった。そして2ねんせいになったいまも、あいかわらず、2ばんのまま。どこが、いったいおおきいのだろう。

     3ねんになれば、はじめてのクラスがえがある。自分じぶんよりひくい、一番いちばんまえ野川のがわくんと、クラスがべつべつになってしまったらどうしようか。

     3学期がっき始業式しぎょうしきのときのことだ。体育館たいいくかんで、洋太ようたまえつ、野川のがわくんのあたまのつむじの位置いちが、きょねんとはちがっていた。2学期がっき終業式しゅうぎょうしきよりも、洋太ようたちかづいていた。

     このままでは、ぬかされる。洋太ようたは、むねがドキドキするほど、不安ふあんになった。

     そのとおり、3学期がっき最初さいしょ身体しんたい測定そくていでは、野川のがわくんのは、2センチもびていた。

    「はい、つぎ浮島うきしまくん」保健室ほけんしつ先生せんせいばれて、洋太ようた身長しんちょうけいうえった。

     よかった。野川のがわくんよりも、1・5センチも、まだたかい。

     野川のがわくんは、まだ・チビだ。

     むねをなでおろし、体重計たいじゅうけいへといそいだ。

    「あ、浮島うきしまくん、もう一度いちど、おねがいね」

    「え、ズルなんてしてない」

     洋太ようた不満ふまんそうにいい、身長しんちょうけいにもう一度いちど背中せなかをつけた。先生せんせいはバーをろしたあと、くびをかしげた。

    「えっ、どうかしましたか?」

    「あのね……」

     洋太ようた身長しんちょうは2学期がっきにはかったときと、まったくおなじなのだと先生せんせいはいった。

     野川のがわくんのことばかりかんがえていたから、すっかりがつかなかった。そして体重たいじゅうも、2学期がっきと、わらなかった。

    「ん、まあ、そういうこともあるかな」

     先生せんせいはなにごともなかったようにいった。

     でもクラスで、身長しんちょう体重たいじゅうも、ふえも、へりもしなかったのは、洋太ようたひとりだけだった。


     ニュースサイトでも読めます

     https://mainichi.jp/yonde/

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

    2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    3. 不祥事相次ぎ首相「国民、納税者に大変申し訳ない」 参院代表質問で

    4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

    5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです