メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

「5.1」フィーバー厳戒 婚姻届、消印、御朱印、殺到を予想

昭和最後の日付の消印を押してもらおうと郵便局に詰めかける人たち=東京都千代田区の東京中央郵便局で1989年1月7日

 新天皇即位に伴う5月1日の改元まで2カ月に迫った。昭和天皇が逝去した直後の平成の改元と異なり、今回は祝賀ムードが広がる。改元に合わせて婚姻届を提出したり、日付入りの記念のスタンプを求めたりする人が役所や郵便局に大勢訪れることも予想される。5月1日は10連休の真っただ中。役所の担当者からは「休日返上で対応するしかない」との声が早くも上がる。(24面に特集)

 大阪市に隣接するベッドタウンで、年間約3800件の婚姻届の提出を受ける大阪府豊中市。土曜や日祝の休…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1114文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです