メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる・わたしの気持ち

愛知学院大学・中川裕喜 小さなことから

 8年前の3月11日に東日本大震災が起きた時、名古屋の小学校に通っていた私は家庭科室で調理実習の最中だった。めまいかと思ったが、食器がカタカタと揺れて地震を実感した。被災地の状況は分からず、放課後は普段通り野球部の練習で白球を追った。

 帰宅後、地震や津波、火災の映像を見て言葉を失った。自分が被災者だったらと思うと体が震えた。それでも毎年…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです