メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

改元日、祝賀支えます 消印、婚姻届…役所、10連休返上

 新天皇即位に伴う5月1日の改元まで2カ月に迫った。昭和天皇が逝去した直後の平成の改元と異なり、今回は祝賀ムードが広がる。改元に合わせて日付入りの記念のスタンプを求めたり、婚姻届を提出したりする人が郵便局や役所に大勢訪れることも予想される。5月1日は10連休の真っただ中。役所の担当者からは「休日返上で対応するしかない」との声が早くも上がる。

 30年前、大勢の利用者が詰めかけて混乱した公共機関がある。郵便局の窓口だ。昭和最後の日の1989(…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1112文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです